法人よりも個人の割合がとても多いFXという投資商品

By: National Library of Ireland on The Commons

投資関連の商品は、法人の方々が利用している事が非常に多いです。特に株式投資などは、その方々の割合がとても多いようなのです。株式にも色々な種類があって、いわゆるデイトレをしている方々も多く見られます。その半面、いわゆる投資信託の目的でそれを利用している方も多いのです。そして投信の場合は、法人顧客が多いと言われています。なぜなら運用の問題があるからです。

あの商品の場合は、いわゆる専門家の方に運用を任せることになりますね。一般個人の方が売買をする訳ではありません。もちろんその専門家は、どこかの法人に所属しているのです。

そして投信は、全般的に株券を用いるタイプが多いのです。外貨を用いる投信もあるのですが、それよりも株券の方が割合が多いと言われています。必然的に法人の方々は株券を購入する事が多くなり、株の投資家の方々は法人の方々は多いとの意見が根強いです。

ところがFXの場合は、話は少々異なります。その商品は法人というよりも、むしろ個人の方々が多いのですね。実際それは金融会社のホームページを見てみると、何となく察しが付くと思います。そのホームページのデザインなどを見てみると、何となく個人向けの雰囲気がありますね。法人向けの商品というより、個人向けの口座を提供している会社が非常に多いです。

すなわちその個人の方々の割合がFXの特徴の1つなのですが、ここ最近は個人の方々の参入者が非常に増えたと言われています。少なくとも10年くらい前に比べれば、個人の方々は圧倒的に増えてきているので、ちょっと外貨の動きも以前とは変わってきています。

最近の外貨の動きは、10年前とは大きく異なっているのですね。余りにも個人の方々は増加したので、それが外貨の動きにも影響を及ぼしたと言われています。それを考えると、金融業界の中ではFXはやや特殊なタイプとも言えますね。ですので他の金融商品とは、また別のノウハウが求められるのではないでしょうか。