住所が変わった時はFXの会社に連絡をするべきか

By: Matthew G

人々は、たまに転居をしています。それが生じる事はあまり多くありませんが、その場合は連絡が必要になってきます。金融会社に対する連絡はほぼ確実に必要なので、要注意ですね。

例えば地域Aから地域Bに、引っ越しをしたとしましょう。そして金融会社Cにて、普通預金の口座を保有していたとします。その場合は、CにはAの情報が登録されているのですね。Cに対しては、Bに引っ越した旨を伝える必要があります。

ところでその情報を伝達しなければならない理由なのですが、C社からの郵送物が想定されるのですね。というのも金融会社は、たまに口座保有者に対して連絡をしているのです。この間も私が契約している銀行から、ダイレクトメールが届いています。その郵送の連絡が必要になる以上、どうしても住所変更の旨を伝えておく必要があるのですね。

ではFXの場合はどうなるのかと申しますと、基本的には伝えるべきです。D社で口座を保有している場合は、Bに引越した旨を伝える必要があります。ただ厳密に申し上げれば、実はD社で社に対してBの情報を伝えなくても何とかなります。というのもFXの会社の場合は、そもそも顧客に対して郵送物を送るケースが極めて少ないのですね。銀行などの場合はダイレクトメールなどの目的で郵送物を送るケースも珍しくないのですが、投資商品の場合はまた話は別なのですね。

ですので伝えなくても何か問題が発生する事は無いでしょう。ちなみに私は、今まで一度もFXの会社からダイレクトメールが届いた事がありません。ですので確かに転居情報を伝えなくても、問題は無いとは思います。

ただし金融会社によっては、例外もあるのです。転居した旨を伝えていないと、金融会社によっては口座が凍結されるケースも稀にあるそうです。もっともそれが発覚する確率は低いのですが。ですので引越しをした時は、基本的にはその金融会社に対して連絡をしておくべきでしょう。

なお連絡する方法は、特に難しい事はありません。口座を新規作成する時と同じく、電子データで身分証を送るだけです。